弁護士・市野裕明(みなとみらい中央法律事務所)

弁護士・市野裕明(みなとみらい中央法律事務所)

045-345-5942
営業時間/平日9:00〜18:00

コラム

弁護士・市野裕明(みなとみらい中央法律事務所) > コラム > 札幌地裁が同性婚を認めない現行制度を違憲と初判断しました

札幌地裁が同性婚を認めない現行制度を違憲と初判断しました

2021/03/18 コラム 
by HIROAKI-ICHINO 

札幌地方裁判所は、同性婚を認めない現行制度を「合理的な根拠を欠いた差別的な扱い」として、憲法が定める「法の下の平等」に反すると判示しました。

日本では、民意で選ばれた国会議員により構成される国会の判断を尊重すべきという観点から、「憲法判断回避の原則」という暗黙のルールがあります。
そのため、現行憲法が制定されてから70年以上が経ちますが、これまでに違憲判決は数えるほどしかありません。

私は裁判官ではないので本当のところはわからないのですが、違憲判決を出すこと自体がものすごくハードルの高いことなのだろうと思います。
このような国論を二分するようなテーマに正面から踏み込むであれば、なおさらのはずです。

それだけに、今回の判決は驚くほど画期的です。突然のニュースに驚きを隠せない法曹関係者も多いのではないかと思います。
きっと、世の中を少しでもよくしたいという思いが原動力だったはずです。それはすべての法曹関係者に課せられた責務だとも思います。

札幌地方裁判所の裁判官の勇気ある判断に、心から称賛の拍手を送りたいと思います。

SHARE US ON
<
メールでお問い合わせ
PAGE TOP