市野裕明法律事務所/横浜みなとみらい・弁護士事務所

市野裕明法律事務所/横浜みなとみらい・弁護士事務所

045-228-5400
営業時間/平日9:00〜18:00

弁護士のご紹介

市野裕明法律事務所 HOME > 弁護士のご紹介
弁護士
市野 裕明
Hiroaki Ichino

LAWYER INTRODUCTION弁護士のご紹介

神奈川県横浜市出身、横浜国立大学経営学部卒。都内の民間企業にて新規事業の立ち上げを担当した後、弁護士に転身。横浜市内の法律事務所に勤務した後、独立。これまでに担当した事案は、企業法務、債権回収、不動産、遺産相続、交通事故、家事、刑事など多岐にわたる。

INTERVIEW市野裕明インタビュー

ご出身はどちらですか?

神奈川県横浜市です。地元の安心感なのか、今も横浜で仕事をしています。

学生のころはどのように過ごしていましたか?

いわゆる進学校といわれるところに通っていたので、周りの人はわりと勉強を一生懸命やっている人が多かった印象があります。自分はそれほどではなくて、遊んだりゲームをするのも好きでしたし、のびのびと過ごしていました。

大学時代は経営を学んでいたんですよね。

進路を考えていたころ、父が働いている会社が経営危機になって、リストラの話が毎日のように新聞に出ていました。不安が真っ先に浮かびましたが、「なんでこんなに悪い状況になったんだろう?」という思いもあり、経営に興味を持ったんです。

その後は、民間企業で勤務されていたんですよね。

せっかく経営を学んできたので、それを実務に活かしてみたいと思い、当時まだ社員が数人程度のベンチャーに入りました。経営者の姿を間近に見ることができて、貴重な経験でした。会社勤めの経験のある弁護士はそれほど多くはないので、これは自分の一つのアドバンテージかなと思っています。

弁護士に転身することになったきっかけは?

好きなだけじゃなくて、自分に向いている仕事をしようと思いました。昔から交渉ごとが得意だったので、弁護士の仕事はそういう自分に向いているんじゃないかと思ったのがきっかけです。実際のところは、直感を信じて突き進んだ感じです。試験に落ちる夢を今でも見るんですが、受かって本当によかったです。

弁護士になってからは、どのようなキャリアを?

新人のころは、損害賠償の事案を多く取り扱っている事務所で経験を積みました。損害賠償にはいろいろな論点があるんです。例えば、損害額の算定の方法にも、いろいろな考え方があります。被害者の方が泣き寝入りする世の中では良くないので、損害賠償は大事な分野だと今でも思っています。

今はどのような分野を?

独立して仕事をするようになってからは、様々な分野のご依頼が増えました。企業法務、不動産、債権回収、労働、家事、刑事など幅広い分野を取り扱っています。私自身は、特定の分野へのこだわりはそれほどないんです。ご相談をいただいて、自分が力を発揮できそうだと思ったものはお受けすることにしています。

これからやっていきたい分野はありますか?

私自身の経歴が経営に近いところがあるので、企業法務は積極的にやっていきたいと思っています。例えば、横浜には中小企業がたくさんあるんですけれども、まだまだ弁護士は遠い存在と思われているような気がしています。もっと我々のほうからアプローチできる機会が増えるといいですね。

弁護士の仕事の中で心がけていることはありますか?

いくつもの選択肢がある中で、どれが最善の選択なのか、判断を迫られることの多い仕事だと思っています。できる限りを尽くしてそのときの最善の選択をしているつもりですが、なかなか簡単なことではありません。そうやって悩んで出した答えを、依頼者の方には正直な気持ちで伝えるようにしています。

依頼者の方にはどのように接していますか?

進捗や見通しをきちんと説明するようにしています。良いことだけではなく、悪いことやリスクもきちんと説明をして理解してもらえるように、時間をかけてお話しするようにしています。二人三脚で進めていかないといけないので、考えにズレがないかどうか、こまめに確認することを心がけています。

仕事はどのように進めていますか?

交渉で解決できればそれが一番だと思っています。裁判となればどうしても時間的にも費用的にも依頼者の方の負担は大きくなってしまうので。交渉はとにかく駆け引きの世界ですので、そういう意味では大変ですけれども、弁護士の力量が試されるところでもあります。腕の見せどころだと思ってやっています。

横浜には法律事務所がたくさんありますが、
どういう特色を出していきたいと思っていますか?

「最先端のリーガルサービスを、すべての人に。」という言葉を事務所ポリシーにしています。事件を機械的に処理するのではなく、オーダーメイドで質の良いサービスを提供したいと思い、このフレーズにしました。対価に見合うものをきちんと提供して、依頼してよかったと思っていただけたら嬉しいです。

事務所名はどのようにして決めましたか?

いろいろな案を考えたのですが、直球で自分の名前を冠することにしました。「自分の名前を看板にして恥ずかしくない仕事をする」という気持ちを込めたつもりです。そこを見てくれて、信頼して依頼してくださった方もいたりするので、この事務所名にしてよかったなと思っています。

今後、どのような事務所にしていきたいと思っていますか?

あまり拡大志向はないんです。依頼者の方との信頼関係がベースだと思うので、抱えられる仕事量には一定の限度があると思っています。自分なりの良い仕事をして、依頼者の方の期待に応えていきたいです。

思い出に残っている事件はなにかありますか?

とんとん拍子で進んだものから心底苦労したものまで、いろいろあります。同じような事件って本当にないんです。どれも記憶に残っています。振り返ってみると、どの依頼者の方も私を信じて大事な仕事を任せてくれていたんだなと感じます。当たり前のことなんですけど、つくづく責任の重い仕事だなと思います。

最後に、目標としている弁護士像はありますか?

私の所属する神奈川県弁護士会は、上の世代からのフォローがとても厚いんです。いろいろなことを教えてくださった先輩、大先輩の弁護士がいて、今の自分がいると思っています。これまで教わったことを大事にしながら仕事をしていきたいです。

今日は、ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。

お問い合わせはこちら
PAGE TOP