弁護士・市野裕明(みなとみらい中央法律事務所)

弁護士・市野裕明(みなとみらい中央法律事務所)

045-345-5942
営業時間/平日9:00〜18:00

弁護士のご紹介

弁護士・市野裕明(みなとみらい中央法律事務所) > 弁護士のご紹介
弁護士
市野 裕明
Hiroaki Ichino

LAWYER INTRODUCTION弁護士のご紹介

神奈川県横浜市の「民間企業出身」の弁護士。得意分野は交渉と訴訟対応。毎日新聞社、朝日新聞社など複数のメディアに掲載実績。弁護士ドットコム「みんなの法律相談」で多くのベストアンサー、グーグルで多くの高評価レビューを獲得。浅野高等学校、横浜国立大学卒。「写真は真顔ですが、実物はよく笑いよくしゃべります!」(本人コメント)

INTERVIEW市野裕明インタビュー

ご出身はどちらですか?

神奈川県横浜市です。地元が好きで、今も横浜で仕事をしています。

学生のころはどのように過ごしていましたか?

大学では経営学を専攻しました。休みの期間はカナダにホームステイをしたり、バックパックで日本一周したりしました。学業以外で学んだことも多くありました。未知の世界に飛び込んでいく瞬間のワクワクやドキドキは、人生の醍醐味と思います。

経営学を専攻した理由は?

進路を考えていたころ、父の会社が倒産寸前の状況に陥りました。その後、父の会社は外資に買収され、新しい経営者のもとで劇的な復活を遂げました。たった1人の経営者が何万人もの従業員の人生を変えたことに、感銘を受けたのがきっかけです。

その後は、民間企業で勤務されていたんですよね。

リアルな経営を肌で感じたいと思い、思い切ってベンチャー企業に就職しました。当時はまだ社員が数人ほどの小さな会社で、ちょうど新規事業の立上げの時期でした。経営者の姿を間近に見ることができた日々は、貴重な経験でした。「交渉の何たるか」を教えてもらったことが、今の自分の仕事に繋がっていると感じています。

弁護士に転身することになったきっかけは?

人と話すこと、人の本心に気づくこと、人を説得すること、納得してもらうことがなぜだか昔から得意でした。戦略作り、参謀役の立回りが好きということもあり、そんな自分の性分には弁護士の仕事が一番似合うと思いました。こどもの頃から「小さくとも一国一城の主」という夢もあり、いまはそれが実現できていて幸せです。

弁護士になってからは、どのようなキャリアを?

最初のキャリアは、損害賠償がメインの事務所での勤務弁護士の仕事でした。損害賠償には「損害額や逸失利益をどう計算すべきか」「拡大してしまった損害にどこまで責任を負うべきか」など、さまざまな論点があります。所長の好意もあり、自分なりに考えたり悩んだりする時間をたくさん持つことができた時期でした。

今はどのような分野を?

独立してからは、企業法務、債権回収、不動産分野のご依頼が増えました。分野を問わず、自分の力が発揮できそうだと思ったご依頼はお受けしています。せっかくご依頼をいただいたのだから、なんとか期待に応えたいという思いがあります。得手不得手もざっくばらんにお伝えしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

これからやっていきたい分野はありますか?

依頼者の方が求めてくださる分野と、専門性の鍛錬とをバランスよくやれたらいいなと思っています。神奈川県弁護士会のマンション法研究会に所属しているので、そこで得た知見を業務にいかしていければと思っています。民事執行法の大改正があったので、新制度のノウハウを深めて事務所の強みにしていきたいです。

弁護士の仕事の中で心がけていることはありますか?

依頼者の方との密なコミュニケーションを大事にしています。「弁護士が実際どうやって事件対応にあたっているのか」は依頼者の方から見えづらいので、不安にさせてはいけないと思っています。「安心して任せられる」「依頼してよかった」と思っていただけたら嬉しいです。あとは良い仕事をするのみ!ですね。日々精進です。

依頼者の方にはどのように接していますか?

素早いレスポンスを心がけています。「進捗が気になるけど聞きづらい」と思われる依頼者の方も多いと思うので、進捗や見通しは聞かれる前に自分からご報告するよう心がけています。全ての依頼者の方に弁護士直通のアドレスをお伝えしているので、もし何か気になることがあれば、いつでもご連絡いただければと思います。

仕事はどのように進めていますか?

方針を考える時間を大事にしています。有利な状況が整うまで、あえて様子見をすることもあります。動き出してからはスピード感をもって、一気呵成に攻め込むつもりで進めています。交渉でも訴訟でも大事なのは駆け引きだと感じています。法的知識だけではない弁護士の力量が試される場面で、まさに腕の見せ所です。

横浜には多くの法律事務所がありますが、
どのように差別化を図っていますか?

最新テックの導入、リモートのフル活用など経営の合理化により、事件数で稼がなくとも経営が成立する仕組みができています。そのぶんひとつひとつのご依頼に時間をかけて丁寧に向き合うことができるのが強みです。オーダーメイド、高品質なリーガルサービスを提供し、口コミで評判が広がっていったら嬉しいです。

今後、どのような事務所にしていきたいですか?

弁護士の仕事は労働集約型、いわゆる職人のような世界ですので、規模の拡大を追求しても効率化には限界があります。とはいえ、一人きりでずっとやっていても煮詰まってしまうもの。「三人寄れば文殊の知恵」ではないですが、一人よりも二人、三人だからこそ生まれるシナジーを作っていけたらと思います。

目標としている弁護士像を教えてください。

弁護士としての作法を教えてくださった先輩方は、今も雲の上の存在です。我々の世界では、上の世代が下の世代に採算度外視で「弁護士とはなんたるか」を教えてくれる伝統が代々脈々とあります。もしこれがなければ、今の自分はなかったと思います。いつの日か自分も次の世代にバトンを繋いでいけたらと思います。

正直なところ、費用面が気になります。

そうですよね。見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。多くの事案で成功報酬のない定額方式のパッケージをご提案可能です。費用面でも競争力があると自負しています。オーダーメイド、高品質なリーガルサービスを適正価格で提供しますので、ぜひ比較検討してみてください。

最後に、ひとことお願いします。

このインタビュー記事で事務所のスタンスや思いを少しだけでもお伝えすることができたら嬉しいです。みなさまからのご依頼を事務所スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。長文をお読みいただきありがとうございました!

 

 

お問い合わせはこちら
メールでお問い合わせ
PAGE TOP