市野裕明法律事務所/横浜みなとみらい・弁護士事務所
045-228-5400
営業時間/平日9:00〜18:00

弁護士のご紹介

市野裕明法律事務所 HOME > 弁護士のご紹介
弁護士
市野 裕明
Hiroaki Ichino

LAWYER INTRODUCTION弁護士のご紹介

こんにちは。神奈川県横浜市の弁護士の市野裕明です。民間企業出身で、特に交渉を得意としています。ひとりひとりのニーズにあった解決方法や弁護士費用をわかりやすくご提案します。弁護士ドットコムの弁護士ランキングでも上位に選出されておりますので、安心してご相談ください。良い弁護士に巡り会えたと思っていただけるように、全力を尽くして対応します。

INTERVIEW市野裕明インタビュー

ご出身はどちらですか?

神奈川県横浜市です。地元の居心地の良さもあり、いまも横浜で仕事をしています。

学生のころはどのように過ごしていましたか?

進学校といわれるところに通っていたので、周りの人のほうが一生懸命やっていた印象です。自分はそれほどではなくて、ゲームしたり遊んだりするのも好きでしたし、のびのびと過ごしていましたね。

大学時代は経営を学んでいたんですよね。

はい。ちょうど進路を考えていたころ、父の勤務する自動車会社が経営危機の真っ只中で。「5,000人リストラ」とかそういう話が連日、新聞に載ったりしていました。こども心にショックだったんですが、一方で、わりと冷静に、どうしてこうなってしまったんだろうと思うところもあり、経営に興味を持ちました。

その後は、民間企業で勤務されていたんですよね。

はい。経営を学んできたので、それを実務で試してみたくて。新規事業の立上げをやらせてもらっていたので、毎日が試行錯誤の連続でした。こういう戦略はどうだろうって、考えるのがとにかく楽しくかったです。スピード感のある会社だったので、仕事を効率よく進めることも自然と身につきましたし、交渉なんかもこのときの経験は大きいですね。

弁護士に転身することになったきっかけは?

好きなだけじゃなくて、自分に向いていることを仕事にするべきだと、あるときふと気がつきました。じゃあ、自分に向いていることってなんだろうと考えてみたときに、何か問題が起きたときに、交渉をしたり人を説得してまわったりすることが昔から得意だったので、弁護士はそういう強みを活かせる仕事だと思い、今に至ります。

弁護士になってからは、どのようなキャリアを?

新人のころは、損害賠償の事案を多く扱っている事務所で経験を積みました。損害賠償には、いろいろな論点があります。例えば、損害額の算定ひとつをとってみても、結構難しいんです。被害者が泣き寝入りをする世の中じゃ良くないですから、そういう意味でも、損害賠償は重要な分野だと思います。

今はどのような分野を?

昔取った杵柄というか、損害賠償はいまも得意です。一人で仕事をするようになってからは、不動産のご相談が増えました。不動産は弁護士が扱う分野のなかでも特に専門的知識が必要な分野なので、大変ではありますが、自分にしかできない難しい仕事だと思うと、とてもやりがいを感じています。

これからやっていきたい分野はありますか?

中小企業向けの企業法務をどんどんやっていきたいです。横浜には、中小企業がたくさんあるのですが、まだまだ弁護士は遠い存在と思われている気がしていて。もっと我々のほうからアプローチできないかと思っています。弁護士としてはかなり経営に近い経歴なので、それはやっぱり自分の強みとして、活かしていきたいとも思っています。

弁護士の仕事の中で心がけていることはありますか?

とにかく良い仕事をしたい気持ちが強いです。できる限りの調査や検討を尽くして、全力で交渉や裁判に望むようにしています。方向性や見通しを依頼者ご本人としっかり共有して、ずれがないか修正していくことも欠かせないですよね。そして、最後にはきっちりと結果を出さないといけない。当たり前のことなんですが、なかなか難しいことでもあります。

得意なことってありますか?

交渉ごと全般が得意です。裁判は、きちんと証拠をそろえて、必要な主張をしていくのが我々の仕事。最終的な判断は裁判官の仕事なんです。だけど、交渉は、落としどころをはっきりと見据えて、そこに着地させるようにコントロールしなきゃいけない。もちろん、駆け引きだってある。弁護士の力量が如実に出ます。腕の見せどころです。

相談に臨まれるときに意識していることはありますか?

自分がしゃべりすぎないように気をつけています。弁護士が多くを語れば語るほど、依頼者ご本人は混乱するのではないかと思っていて。極端な話、ワンフレーズでもいいのかもしれません。それは大丈夫だとか、それはまずいとか。依頼者ご本人が知りたいのはそこだけかもしれないから。自分なりに考えて、言葉を選ぶようにしています。

横浜には法律事務所がたくさんありますが、
どういう特色を出していきたいと思っていますか?

高品質で敷居の低い法律事務所でありたいと思っています。「最先端のリーガルサービスを、すべての人に。」というキャッチフレーズには、そういう想いを込めました。品質を売りにする事務所には、まだまだ一見さんお断りというところも多いのが実情です。だからといって、広告を大量投下するビジネスモデルにも、みなさん疑問を感じ始めてるんじゃないかと思うんです。

広告費を回収するために
どうしてるんだろうって思いますよね。

おっしゃるとおりです。彼らが収益をあげるためには、高額な広告費を回収しなければならない。そのためには、定型的な業務を大量に処理するビジネスモデルをとらざるをえない。だけどそれは、今の時代の感覚じゃないと思っていて。もっと、オーダーメイドで質の良いもの、対価に見合った満足が得られるものが求められているんじゃないかな。

いままでの法律事務所にはない
イメージかもしれません。

そうですね。私はそこに需要があると確信しています。とはいえ、根底にあるのは、依頼をしてくれた人に満足してもらいたいという気持ちです。困った状況だけれども、良い弁護士さんを見つけられたって、少しでもうれしい気持ち、ほっとした気持ちになってもらえたらと思って、仕事をしています。評判というのは、その先についてくるものかなと。

思い出に残っている事件はなにかありますか?

いろいろあるのですが、自分の事件がしだいにマスコミで大きく報道されるようになったときは、驚きの連続でした。裁判所も厳戒態勢でしたし、裁判のあとにマスコミに囲まれたりもしました。インターネットでもいろいろ書かれていて、自分が矢面に立って批判を浴びることもあるかもしれないと、このとき改めて覚悟しました。

最後に、目標としている弁護士像はありますか?

私が弁護士の卵だったころに、いろいろなことを教えてくれた大先輩の弁護士がいるんですが、その方の背中はまだまだ遠い。すごく難しい事件を、なんでもないような顔をして解決する。それでいて、実は、裏ではすごく悩んだり考えたりしているんだけれど、それを決して人には見せない。いつの日か、そんなふうになれたらと思っています。

今日は、ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。

お問い合わせはこちら
PAGE TOP