市野裕明法律事務所/横浜みなとみらい・弁護士事務所

市野裕明法律事務所/横浜みなとみらい・弁護士事務所

045-228-5400
営業時間/平日9:00〜18:00

弁護士のご紹介

市野裕明法律事務所 HOME > 弁護士のご紹介
弁護士
市野 裕明
Hiroaki Ichino

LAWYER INTRODUCTION弁護士のご紹介

弁護士:市野裕明 神奈川県横浜市出身、横浜国立大学卒。都内の民間企業で新規事業の立ち上げに携わった後、弁護士に転身。持ち前の交渉力を強みに、契約トラブル、債権回収、損害賠償請求、労働問題など様々な企業法務の事案を担当。近年は、マスコミでも大きく報道された不動産トラブルの訴訟代理人を担当するなど、一般民事事件にも注力している。

INTERVIEW市野裕明インタビュー

ご出身はどちらですか?

神奈川県横浜市です。地元の居心地の良さなのか、今も横浜で仕事をしています。

学生のころはどのように過ごしていましたか?

いわゆる進学校といわれるところに通っていたので、周りの人は勉強を一生懸命やっている人が多かった印象があります。自分はそれほどではなくて、遊んだりインターネットしたりするのも好きでしたし、のびのびと過ごしていました。

大学時代は経営を学んでいたんですよね。

ちょうど進路を考えていたころ、父が働いている会社が経営危機に陥って、大きなリストラの話が毎日のように新聞に出ていたんです。子ども心にショックだったんですけれども、同時に、どうしてこうなってしまったんだろう?と疑問に思うところもあって、経営に興味を持ちました。

その後は、民間企業で勤務されていたんですよね。

経営を学んできたので、それを実務で試してみたくて。当時は、新規事業の立上げをやらせてもらっていました。スピード感のある会社でしたので、仕事を効率よく進めるためにはどうしたらいいか、自分なりに工夫をしていました。交渉の進め方は、このときの経験が大きいかもしれません。

弁護士に転身することになったきっかけは?

好きなだけではなく、自分に向いていることを仕事にしたほうがいいのではないかと、あるときふと気づいたんです。振り返ってみると、何か問題が起きたときに人を説得してまわったりすることが昔から得意だったので。この仕事はそういう自分には向いている仕事だと思っています。

弁護士になってからは、どのようなキャリアを?

新人のころは、損害賠償の事案を多く取り扱っている事務所で経験を積みました。損害賠償にはいろいろな論点があって、例えば損害額の算定ひとつにしても、難しい問題があったりします。被害者の方が泣き寝入りする世の中では良くないので、損害賠償は大事な分野だと思っています。

今はどのような分野を?

自分で事務所を立ち上げてからは、企業法務のご依頼が増えました。分野でいうと、契約トラブルや債権回収のご依頼が比較的多いですね。私自身は、特定の分野へのこだわりはそれほどなくて、ご相談をいただいて、これは自分の力を発揮できそうだと思ったものは、基本的にはお受けするようにしています。

これからやっていきたい分野はありますか?

私自身の経歴が経営に近いところがあるので、企業法務は積極的にやっていきたいと考えています。横浜には中小企業がたくさんあるんですけれども、まだまだ弁護士は遠い存在と思われているような気がしています。もっと我々のほうからアプローチできる機会が増えるといいですね。

弁護士の仕事の中で心がけていることはありますか?

解決の近道が何か他にないかというのは、いつも考えています。もちろん、ただ早ければいいというわけではありませんが、早く解決することは依頼者の方にとって重要なこと。依頼者の方には、なるべくこまめに連絡を取るようにもしています。方向性をしっかり共有して、考え方にずれがないか修正していくことも大事ですよね。

依頼者の方にはどのように接していますか?

進捗や見通しをていねいに説明するようにしています。良いことだけではなく、悪いことやリスクもきちんと説明して理解してもらうようにしています。一方で、つかず離れずという距離感も大事にしています。弁護士は、一歩引いたスタンスでいたほうが良いときもあるのではないかと思っているので。

仕事はどのように進めていますか?

できるだけ交渉で解決したいと考えています。裁判となればどうしても時間的にも費用的にも依頼者の方の負担は大きいですから。交渉はとにかく駆け引きの世界ですので、そういう意味では大変ですけれども、弁護士の力量が試されるところでもあります。腕の見せどころだと思ってやっています。

横浜には法律事務所がたくさんありますが、
どういう特色を出していきたいと思っていますか?

「最先端のリーガルサービスを、すべての人に。」というキャッチフレーズを選びました。事件を機械的に処理するのではなく、オーダーメイドで質の良いサービスを提供したいと思い、このフレーズにしました。対価に見合うサービスをきちんと提供して、依頼してよかったと思っていただけたら嬉しいです。

ご自身の名前を事務所名にするのは最近では珍しいですよね。

そうですね。いまだに少し照れくさい気持ちもありますが、自分一人で最初から最後まで責任を持って仕事をやっているんだという覚悟を込めたつもりです。そこを見てくれて、信頼して依頼してくださった方もいらっしゃったりするので、この名前にしてよかったと思っています。

一人で事務所をやる大変さというのはありますか?

仕事が増えてくると、若い弁護士を下請けのように雇うパターンも多いんです。そのほうが楽かもしれませんが、私の場合は、自分の事件を他の人に任せることにどうしても抵抗があって。依頼者の方は、この人だから大事な仕事を任せたいという思いで依頼してくださったと思うので。

思い出に残っている事件はなにかありますか?

いろいろありますよ。同じような事件というのはあまりなくて、どれか1つだけ選ぶのは難しいですが、珍しい事件もたまにあります。自分の事件がマスコミで報道されたときは、裁判所が厳戒態勢だったり、裁判のあとに取材の人に追いかけられたりして、驚きの連続でした。

最後に、目標としている弁護士像はありますか?

良い仕事をする人、誠実な人でありたいと思っています。

今日は、ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。

お問い合わせはこちら
PAGE TOP